私たち、日鋼スチールの仕事は「鋼板材料切断加工販売及び一般鋼材販売」です。簡単にいうと、建築や建機、産業機械、工場内プラントを作るときに必要な鋼板材料部品を、大きな鉄の板から切り出して加工して、それらを製作するお客様に供給する仕事です。

工場作業員に夢はない?大きな間違いです!

労働基準を順守する会社です!

「工場作業員」は単純作業で、これといって成長もスキルも磨かれないのでは?と思ってしまいがちですが、それは大きな間違いです。

一般的に製造業に就職する人の割合は年々減っています。ものづくりで成り立ってきた日本の製造業は、いろいろな昨今の問題から危機的状況と言われています。それだけに、製造業で培う仕事は今や貴重なことになりつつあります。身に付いたことは、絶対になくならない製造業の仕事は、すでにどんな仕事でも貴重な仕事となっています。

誰でもなれるサラリーマンより、あなたしかできないことを弊社で見つけてみませんか?

日鋼スチールはあなたの夢を応援します!



巷では、工場勤務はブラックというイメージが強いようです。「勤務時間も不規則で長時間拘束」「休憩時間もない」「残業代は未払い」。
そういうイメージを持たれてしまったことを反省すべきは我々工場をもつ中小零細企業でしょう。万年デフレからの脱却ができず、適正価格で製品を販売できないがために、従業員ファーストの原則を忘れて手当をだせなくなっているところが多いのです。

日鋼スチールは労働基準を順守する「従業員ファースト」な会社です

残業時間は月平均15時間以下と、通常の工場業務の平均よりも少なく、隔月ですがほぼ週休二日制(弊社カレンダー通り)で、繁忙期における休日出勤は多くても月1、2日のみ。(もちろんこれは従業員の自由)残業手当、各種手当はきちんとつけております。従業員同士のコミュニケーションも家族的でとても明るい職場です。

日鋼スチールの仕事って?

入社してすぐにすることは?



 「工場作業員」というと、イメージは3K(きつい・きたない・きけん)という答えが返ってきます。
確かに入社してすぐに機械が使えることはないですし、雑用作業が多くてつらいことのほうが多いかもしれません。
しかしそれをしないと、怪我をするリスクがあるからなのですが、この時点でやはりきついと思って、やめる方が多くいるといいます。

そのイメージは間違っています!

今では、大抵のことは機械が補助をしてくれます。重い鉄材料を扱う仕事ではありますが、素手で20キロも30キロも持って仕事をするようなことはなく、クレーンや電磁石などで釣り上げて、製品を整理する事の方が多いです。本当に昔に比べればかなり工場作業は楽になりました。
入社してすぐは、本当に製品の整理など、雑用的なことが多いですが、その中でも先輩たちがガスの扱い方、加工の仕方などをゆっくりと焦らずに指導してくれますので、未経験者でも容易に工場作業に従事できますし、慣れてくると覚えることがたくさん出てくるので、毎日の作業が単調になることはありません。入社した日から充実した日々を過ごせます。
Top page

Copyright©2009-2018 Nikko steel Co.,Ltd All rights reserved